保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

年間休日120日以上の保育士求人

 

年間休日120日以上の休日がある保育士の求人が増えています。年間休日120日以上というのは、週休2日制でなおかつ国民の祝日も休み、正月などの大型連休もまとまった休みが取れるという意味です。

保育士の求人の中には年間休日が105日程度という求人も少なからずありますが、こちらは月に2回週休2日、残りは週休1日です。そして祝日と大型連休がお休みという計算になります。年間120日以上と明記してあるということは、週休2日と考えて間違えありません。

週休2日制と完全週休2日制の違い

プライベートを充実させるために週休2日は絶対に欲しいという保育士さんも増えてきています。ただ、ここでいう「週休2日制」と「完全週休2日制」とは違うということを覚えておきましょう。

「完全」という場合は「土日が休める日」ということです。「週休2日」としか書かれていない場合、休園日である日曜日と、それ以外の日に1日休めるということになります。もちろん、土曜日に休めれば連休となりますが、職員が交代で休みを取りますので必ず土曜日に休めるという保証はありません。出勤日やシフトについてはっきりと書かれておらず不明な点がある場合には面接の時にはっきりと聞いておきましょう。

保育園は基本的に日曜日は休み

保育園は基本的に日曜日が休園日ですが、24時間保育の保育園ではこの限りではありません。また、乳児院や病院、企業内やショッピングセンター内の保育施設に勤務する場合も日曜日が出勤日となる場合があります。このような場合でも年間休日の日数は週にどのくらい休みが取れるのかの目安になります。

ただし、勤務先によって連休が取りやすいところ、連休を取れる週数が決まっているところなど様々となっています。保育園であっても日曜日に行事がある場合には出勤となり、代休が割り振られる仕組みになっているところが多いようです。

こちらのページもおすすめ

no image

マイカー通勤OKの保育士求人

都心では通勤に電車を使うのは当たり前ですが、地方に行くとマイカーでなければ通勤できないこともあります。保育士求人にマイカー通勤OKと求人情報に書かれているのは、保育園側で駐車場…

no image

実務未経験OKの保育士求人

保育士の求人の中には、実務未経験OKという求人があります。資格さえもっていれば、新卒であっても、卒業してから年数が経っていてもOKという求人です。保育園側としては、新卒の保育士…

no image

アットホームな環境の保育士求人

保育士の退職理由の上位に上がるのが、職場の人間関係のもつれです。男性保育士も増えてきたとはいえ、女性が中心の職場ですから人間関係を一度こじらせてしまうと修復はなかなか難しく、風…

no image

経験者優遇の保育士求人

求人情報の中で「経験者優遇」と書かれているのは、保育士としての経験のある人を、給料などの待遇面で優遇してくれるということです。ただ、経験年数に含まれる勤務先については、限定して…

no image

オープニングスタッフの保育士求人

新しくオープンする保育園で働きたいという保育士はたくさんいます。4月から開園する保育園ではオープニングスタッフの求人掲載を前年の秋ごろからスタートさせますので、新しい園への転職…

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング