保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

職員給食ありの保育士求人

 

保育士の求人で「職員給食あり」と書かれていたら、子どもたちと同じメニューの給食が用意されるということになります。中には、職員にも子どもたちとは別メニューの給食が用意されるところもありますが、多くの保育園では子どもたちと一緒に栄養バランスの良い食事を食べられるように子供と同じメニューになっています。

正職員でクラスを担当している場合、給食は子どもたちを見ながら一緒に食べることになるので、給食の要・不要は選べないことが多いです。パートや派遣保育士の場合は月ごとに給食が必要かどうか選ぶことができますが、一日単位で選ぶことができる保育園もあります。

給食費は給料から天引き

給食があるといっても、無料ではないこともあります。毎月のお給料から給食費として天引きされる保育園もあります。その場合、一食あたりの費用は200円から300円となります。子どもたちを常に見守っていなければいけませんので、パート保育士であっても昼食を外で食べることを禁止している保育園が多く、給食が必要ない場合はお弁当を持参することになります。

給食の改善にも繋がる

子供たちと一緒に給食を食べるのはとても慌ただしいものですが、給食のメニューを保育士も食べることで、給食室へ給食の意見を伝えることができます。給食の感想を職員が交代で書く保育園も多く、給食室の職員へ手渡されメニューの改善などに役立ててもらっています。

アレルギー除去食の対応も可能

アレルギーがある保育士の給食はどうなるのかというと、子供たちに除去食を提供している保育園であれば職員給食にも除去食を用意してもらえるようですので、面接の時にアレルギーがあることを伝えておき対策を取ってもらえるようにお願いしてみましょう。なお、おやつも子どもたちと一緒に食べますが、パートや派遣の職員にはおやつが用意されないこともあります。

こちらのページもおすすめ

no image

4月入社の保育士求人

保育士の求人は4月入社の求人が最も多くなります。4月入社ということは、1月から少しずつ求人が出始め、2月の中旬ごろには多くの情報が出揃ってきます。 記事の目次保育士にとって4月…

no image

ブランクOKの保育士求人

保育士の資格は持っているけれど、長い間保育の現場から離れているという人を「潜在保育士」と呼んでいます。保育の現場では今、少子化であるにもかかわらず待機児童の問題が解消されず、保…

no image

新卒募集の保育士求人

新卒で就職先を探す場合、多くの人が学校に来る求人の中から就職先を探しています。学校に来る求人というのは地元の求人が多く、県外など遠くの地域のものは少ないという特徴があります。地…

no image

週3日からの保育士求人

ご主人の扶養内で働きたいと希望する場合、年収が130万円を超えると扶養から外れますので、130万円を超えない範囲で勤務する必要があります。 記事の目次扶養における年収の壁週3日…

no image

年齢不問の保育士求人

保育士求人ではほとんどの園で年齢不問という条件で求人を出しています。かつて、あらゆる求人情報には年齢について「40歳未満」とか「30歳以下歓迎」などと年齢制限がありました。 し…

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング