保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

託児付きの保育士求人

 

子育て中の主婦が就職先を探す時、自分の職場に託児所があればいいのにと思う人も多いのではないでしょうか。保育士求人で「託児付き」という項目がある求人サイトもありますが、実際にヒットするのは病院内保育や企業内保育、美容院などの店舗がほとんどです。病院内保育や企業内保育は、設置された病院や会社で働く従業員向けの保育施設になりますので、保育士が利用できる保育施設ではありません。

自分の子供を職場に預けられる求人

保育士として働きながら、自分の子供を保育園に預けることができるのであれば、わざわざ募集内容に「託児付き」と明記していない場合もありますが、自分の子供を預けて良いかどうかは園の方針によります。

都心など、待機児童が多い保育園では自分の子供を働く保育園に預けることができないところが多いようです。病院内保育所や企業内保育所は待機児童の問題がありませんので、自分の子供を預けられるようです。

職場に我が子を預けるメリットとデメリット

職場である保育園や託児所に自分の子供を預けられるメリットは、やはりいつも子供の近くにいられるということと、保育園を別に探す必要がないということです。

逆にデメリットは、子供のことが仕事中も気になってしまう、自分の子供であっても保育者として接する厳しさが必要になるという点です。子供が甘えてきても突き放さなければいけない状況も出てくるはずです。

託児付きの記載がなくても面接で聞いてみる

保育士として働きたいけど小さいお子さんがいるという方は、募集内容に「託児付き」という条件が明記されていなくても、自分の子供を預けることができるのかどうか面接の時に確認してみるといいかもしれません。預けられないとなると、まず子供の通う保育園から探さなければいけなくなり、いつになっても仕事に付けないといった負の連鎖も考えられます。

こちらのページもおすすめ

no image

賞与ありの保育士求人

厚生労働省が調査した結果によると、保育士の平均月収はおよそ21万円で、平均賞与(ボーナス)はおよそ2.5か月分となっています。しかし、最近ではボーナスが年に2回、4ヶ月分と厚待…

no image

夜勤専任の保育士求人

夜勤だけで働きたいという場合には、「夜勤専任」というこだわり条件で検索します。「夜勤あり」という条件でも良いのですが、こちらは専任ではなく「夜勤もシフト次第では発生します」とい…

no image

産休・育休ありの保育士求人

保育士の求人の中には「産休・育休あり」という条件がついたものがあります。産休や育休が取れる保育園ということですが、どのくらいの期間取れるのかは分かりませんので、これから出産の予…

no image

短時間勤務OKの保育士求人

保育士の求人に「短時間勤務OK」と書かれていたら、パート勤務で短い時間でも働けるということになります。時給は保育園によって違いがありますが、資格を持っているパート保育士の場合、…

no image

ブランクOKの保育士求人

保育士の資格は持っているけれど、長い間保育の現場から離れているという人を「潜在保育士」と呼んでいます。保育の現場では今、少子化であるにもかかわらず待機児童の問題が解消されず、保…

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング