保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

短期間勤務の保育士求人

 

保育園で短い間の期間限定で働く勤務体系を短期間勤務と呼んでいます。求人サイトでは3か月以内の期間限定を短期間勤務と呼ぶことが多く、3ヶ月以上になると期間限定などと呼んでいます。

短期間勤務ならパートや派遣がおすすめ

パートや派遣でこの働き方を選ぶ人が多くなっています。短期間勤務を選ぶメリットは、期間が決まっているのでお給料の予測がつきやすく、職場で嫌なことがあっても期間限定ですから我慢して働けるという点が挙げられます。

派遣の場合では更新があることが多く、双方で条件が合えばそのまま次の期間まで働き続けることも可能です。ただし、産休の職員の代わりで派遣された場合、正職員が復帰すると更新が無くなることもあります。

派遣やパートの福利厚生

正社員ほどの福利厚生は受けられませんが、派遣社員には派遣会社の定める有給休暇を利用することができます。また、直接雇用のパートに有給休暇はありませんが、パート採用から正社員雇用につながりキャリアアップするケースも数多くみられます。

短期間でも立派な保育士

短い期間といっても、子どもたちや保護者から見れば立派な保育士です。長く子供たちの成長を見守ることはできませんが、プロとしての自覚を持って子どもたちに向き合い、正職員をしっかりと補助しながら働くことが大切になります。

短期間勤務のメリットとデメリット

期間限定で働くことのデメリットは、短い期間と最初から分かっていることで、保育士としてのやりがいを感じにくいという点が挙げられます。また、保育園の方針に慣れた頃に園を去ることになりますので、仕事をゆっくりと覚える時間はありません。短期間といえども即戦力として期待されているのですから、自ら動いて積極的に仕事を覚える必要があります。

精神的には長期で働くよりも負担が大きく感じる人も多くなっています。働き方は人それぞれ自由ですから、メリットとデメリットをしっかりと考慮したうえでどのように働きたいかを決めるようにしましょう。

こちらのページもおすすめ

no image

アットホームな環境の保育士求人

保育士の退職理由の上位に上がるのが、職場の人間関係のもつれです。男性保育士も増えてきたとはいえ、女性が中心の職場ですから人間関係を一度こじらせてしまうと修復はなかなか難しく、風…

no image

復帰歓迎の保育士求人

保育士の求人を探す時に、復帰歓迎という4文字を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。待機児童の解消が叫ばれていますが、保育園の数は増えても保育士の数が足りないという現…

no image

職員給食ありの保育士求人

保育士の求人で「職員給食あり」と書かれていたら、子どもたちと同じメニューの給食が用意されるということになります。中には、職員にも子どもたちとは別メニューの給食が用意されるところ…

no image

乳児保育の保育士求人

乳児保育を担当する保育士を募集している求人もあります。乳児保育のみの担当となりますので、正職員ではなく派遣社員やパートタイマーという雇用形態の求人が多くなっています。常に赤ちゃ…

no image

退職金制度ありの保育士求人

保育士でも退職金が貰えるのかどうかは、求人探しにおいて大切なことだと思います。しかし、退職金制度があるかどうかは保育園によります。 社会保険と違って退職金制度を設けることは義務…

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング