保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

アドボカシー

 

アドボカシーとは、「弁護」「権利擁護」「代弁」のことです。子供の意思や権利に伴った援助が行われることが最重要ですが、実際には親や家族といった大人の意思が優先されていることも少なくはありません。それは、子供が自身の意思や権利を主張することが簡単なことではないためです。そこでそれを見逃さず、子供たちの意思や権利を代弁し、主張していくことを指した用語です。医療や福祉の現場では、障害者やアルツハイマー患者、終末期の患者の意思、権利を代弁することを指します。その場合、患者会やセルフヘルプグループ(SHG)などの組織が行うこともあります。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング