保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

安全教育

 

安全教育とは、あらかじめ事故を起こさないよう、また事故にあわないよう、自ら安全に生活をしていく力を育む教育のことです。一般には交通や労働に対しても使われる言葉です。学校や保育の場面では、子ども自身が学校・園生活の中で、危険を回避したり、安全な生活のしかたを身につけることができるように、環境を配慮したり、指導したりすることをさします。危ないからと全てを取り除くのではなく、生活や遊びの中で体験・学習し、危険予知・危険回避を学ぶ機会が必要です。視覚的な教材よりも、実際の場面で安全と危険について気付かせることが重要です。また、緊急時に必要な力は、走る・叫ぶ・コミュニケーション力であり、防犯のためには鬼ごっこなどの運動遊びも良いとされています。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング