保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

アスペルガー障害(AD)

 

興味やコミュニケーションに特異性が見られる症状を、アスペルガー障害(Asperger disorder:AD)と呼びます。「アスペルガー症候群」とも呼ばれます。「子供の自閉性精神病質」として、オーストリアの小児科医アスペルガーが発見しました。広汎性発達障害の一つとされていますが、言語障害や、知的障害は見られません。そのため、「知的障害のない自閉症」と言われることもあります。現代になりすこしずつ認知度は高まってきました。しかしはっきりとした障害があるようには見られないことから、周囲の人に理解されず悩むケースも少なくありません。約4000人に1人の割合でみられる、決して珍しい障害ではありません。そのため、周囲の人々が正しい知識を持ち、理解することが大切です。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング