保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

合わせ絵(デカルコマニー)

 

合わせ絵(デカルコマニー)とは、絵の具を塗りつけた画用紙を二つ折りにして、塗りつけた絵の具を転写させる技法です。コツは必要なく、幅広い年齢の子どもが楽しむことができます。色を塗るのは指でも筆でも絵の具のチューブから直接でもでき、絵の具が乾く前に半分に折りたたみ、しっかりと抑えることで、うまく転写できます。偶然にできる色や形を楽しむモダンアートテクニックの一つです。モダンアートテクニックには、以下のような手法があります。

  • ひっかき絵
  • 吹流し(ドリッピング)
  • 霧吹き(スパッタリング)
  • フロッタージュ(こすりだし)
  • 墨流し(マーブリング)
  • 型押し(スタンピング)
  • はり絵(コラージュ)
  • バチック(はじき絵)
  • にじみたらし込み

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング