保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

クラミジア感染症

 

クラミジア感染症とは、性交渉や性的な接触によって感染する、クラミジア・トラコマチスという細菌による性感染症の一つです。女性が感染した場合、支給や卵管などに感染がひろがり、子宮頸管炎や骨盤内感染症を併発する恐れがあります。感染した場合、女性の80%は自覚症状がほとんどなく、放置により不妊や流産の原因となるので注意が必要です。また母親が感染すると、その子どもは新生児期や乳児期に、肺炎や気管支炎のリスクが高まります。男性の場合も半数が自覚症状を持たず、不妊症の原因の一つとなることがあります。感染した場合でも、薬物療法により簡単に治療でき、再発の恐れもありません。しかし、命に関わる病気ではないものの、自覚症状がないまま放置されてしまったり、完治後に後遺症が残ったりと、十分な注意が必要な感染症です。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング