保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

デューイ

 

デューイ(ジョン・デューイ / John Dewey)はアメリカの哲学者、教育思想家で、児童を学習主体者とする教育を主張しました。教育学は化学や物理学と同じ実験科学であるとし、教育学発展のため、研究の場が必要であるとして、「実験学校」を創立しました。置かれている環境との相互作用を基盤に様々な経験が積まれ、それが連続することにより経験が再構築されていくということを唱え、教育の基本としました。つまり、経験を繰り返すことにより成長し、その成長が教育であるということです。それまでの教育というものの考え方を180度転回させ、19世紀末のイギリスにて行われた「新教育運動」に影響を与えました。アメリカが独立し、産業革命を経て急激に社会が変化していく中で、その意味を問いながら、新しい時代に向けた教育の在り方を探求していました。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング