保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

エレン・ケイ

 

エレン・ケイ(Ellen Karolina Sofia Key)は、20世紀初頭、新教育運動の発端となったスウェーデンの女性評論家です。児童中心主義を唱え、新ルソー主義の立場に立ち、自然主義の教育観を提唱しました。その他、婦人問題や家庭教育に関する成果も残しました。子供の権利を擁護するため、学校の教育詰め込み主義を批判しました。1900年に発表した「児童の世紀」のなかには、「教育の最大の秘訣は教育しないことにある」という言葉があります。20世紀からは、子供が幸せに成長できる平和な社会を築くべきであると訴えました。子供は独自の存在として、教育を通じ、子供の権利が保障されることを願いました。エレン・ケイの著書は、大正デモクラシー期の日本でも紹介され、日本の婦人運動に大きな影響を与えました。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング