保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

エリクソン

 

エリクソン(エリク・ホーンブルガー・エリクソン)はアメリカの心理学者、精神分析家です。アイデンティティの概念、心理社会的発達理論を提唱しました。エリクソンは精神分析の視点から、人の一生を8つの発達ステージに分け、自我の発達過程をライフサイクルとして示しました(乳児期、幼児前期、幼児後期、児童期、青年期、初期成年期、成年期、成熟期)。そして、それぞれの過程において克服すべき課題(アイデンティティの両極)を見つめ、乳幼児期は人間形成のための基盤であると提唱しました。発達には成功経験だけでなく、不成功経験も必要であると考えた。前段階の課題は、次段階の基礎となるため、エリクソンのライフサイクルは、ピラミッド型で表されています。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング