保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

劇遊び

 

劇遊びは、台本や元の話に沿って行われます。心と身体で感じたままを劇の役になりきって表現することで、心も身体も柔軟になり、情緒が安定します。ごっこ遊びとの違いは台本があるかないかです。劇遊びでは、劇の中の役割を学ぶことが大切で、役になることで自分以外の人の気持ちを理解できるようになります。自分と異なる役を演じ、自分に「気持ち」があるように、自分以外の人にも自分とは違う「気持ち」があるということがわかってきます。台本をそのまま使うだけでなく、子どもたちの様子に合わせてアレンジしたり、子どもたちが楽しめる形を優先し、形式にとらわれずに行うことが大切です。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング