保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

ひっかき絵

 

ひっかき絵とは、スクラッチ技法、削り絵などとも呼ばれる保育の描画技法のです。画用紙に、あらかじめ隙間のないようクレヨンなどで色を塗り、その上から黒いクレヨンやアクリル絵の具で上塗りしていきます。その後、上塗りした黒色を、先の尖ったもので削ると下の層の色が出てきて、偶然にできる色や形を楽しむことができるモダンアートテクニックの一つです。モダンアートテクニックとは、偶然できる形や色を利用した効果や表現のことで、吹流し(ドリッピング)、霧吹き(スパッタリング)、こすりだし(フロッタージュ)、合わせ絵(デカルコマニー)、墨流し(マーブリング)、型押し(スタンピング)、はり絵(コラージュ)、バチック(はじき絵)、にじみたらし込みなどがあります。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング