保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

ヒヤリハット

 

ヒヤリハットとは、文字通り「ヒヤリとしたりハッとしたりする」ことで、重大な事故は起こらないものの、事故になってもおかしくなかった事例の発見をさします。重大な事故の発生には、多くのヒヤリハットが潜んでいた可能性があり、ヒヤリハットの事例を集めることで、重大な事故や災害を防ぐことができ、職場や作業現場では、個人が経験したヒヤリハットを共有することで事故の発生を未然に防ぐ取り組みが行われています。このような活動は「ヒヤリ・ハット・キガカリ活動」とも呼ばれ、根拠には「重大な事故の陰に29倍の軽度事故と、300倍のニアミスが存在する」としたハインリッヒの法則があります。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング