保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

異年齢保育

 

異年齢保育とは、年齢でクラスを分けるのではなく、様々な年齢の子どもを一緒に保育することです。縦割り保育や、混合保育と呼ばれることもあります。子どもの年齢によってクラスを分けることが一般的ですが、少子化が進み、異なる年齢の子ども同士で遊ぶ機会が減ってきていることから、異年齢保育を導入している幼稚園・保育園が増えてきました。年齢の異なる子ども同士で遊ぶときには、自然にルールや役割分担が生まれ、誰もが成長とともにお世話される側から、お世話する側になる経験をし、ゆっくりと人との関わり方を学ぶことができます。子どもにとってメリットの多い異年齢保育ですが、デメリットとして、保育者の負担が大きいことや、ストレスを感じる子どももいる点などがあげられます。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング