保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

カンガルーケア

 

分娩後、母親が新生児を素肌で抱いて密着させ、授乳や触れ合う時間を「カンガルーケア」といいます。1979年、南米コロンビアにて始まりました。当時は新生児医療が不十分であったため、保育器の代わりという、救命が目的でした。しかし、現代の日本においてカンガルーケアは、母親と赤ちゃんとの強い結びつきのための効果があると認められたため、多くの病院で取り入れられてます。素肌同士で触れ合うことにより、赤ちゃんの体温は維持され、呼吸が安定することがわかっています。母親にとっても、早期に触れ合うことにより、愛着形成につながると言われています。バースプランにより、カンガルーケアの実施を希望していた場合でも、赤ちゃんや母親の様態によっては行えないこともあります。カンガルーケアについてあらかじめ注意点などを調べておくといいでしょう。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング