保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

カナー

 

カナー(レオ・カナー / Leo Kanner)はオーストリアの医学者、精神科医で、「早期幼児自閉症」の名付け親です。1943年に自閉症の定義を発表し、以降医学の中で自閉症の歴史が始まりました。1、2歳の幼児期の自閉症状を発見し、通常の精神発達とは異なる発達をする幼児精神病を発見しました。現在の自閉症に対する見解とは異なり、小児便列病のきわめて早期に発症したものとして捉えられていました。しかし、かなーの学説は現代の自閉症研究に大きな影響を与えており、その他の精神遅滞児や神経系の障害を持つ子どもたちの治療にも大きな影響を与えています。言葉を発しなかったり、コミュニケーションのために言葉を利用しない自閉症の場合、カナータイプと呼ばれることもあります。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング