保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

感染症

 

感染症とは、ウイルスや細菌などの病原体が体内に侵入し、増殖することで、発熱や下痢、咳などの症状が出ることをいいます。感染症の中でも、人から人に感染するものを「伝染病」といいます。伝染病以外では、破傷風やツツガムシ病など、昆虫や動物から、傷口から感染するものがあります。病原体が体の中に侵入する経路は大きく二つあり、胎盤または分娩時に産道通じて胎児に感染する「垂直感染」と、感染源から周囲に広がる「水平感染」です。水平感染はさらに「接触感染」「飛沫感染」「空気感染」「媒介物感染」の四つに分類されます。感染症を発症するかどうかは、病原体の感染力と体の抵抗力のバランスで決まるので、病原体が体に侵入しても、症状が現れない場合もあります。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング