保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

喧嘩

 

喧嘩とは、言葉や暴力による争い、いさかいのことです。お互いの主張がぶつかり合い起こるもので、子どもに喧嘩はつきものです。子どもは喧嘩によって自己主張し、他者と交わり、集団を作ります。子どもの喧嘩は3歳くらいから始まり、行動的抵抗、泣き、ののしり、拒絶などによって、互いの関係が一時的に揺らぎます。調整力が十分に身についていないことから10歳前後にもっとも激しくなり、13歳くらいまで続きます。喧嘩をすることによって、他者を知り、集団を知り、自分と他者を対等に扱うことを学び、自己中心性から抜け出していきます。そういった意味で喧嘩は発達に必要なものであると言えます。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング