保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

交流保育

 

交流保育とは、さまざまな人々との交流を子どもの成長に生かしていく保育の方法です。園内で異年齢の子ども、外国籍の子ども、障がいを持つ子どもたちなどとのかかわりを持つことをさします。異年齢の子どもとの交流は「縦割り保育」とも呼ばれます。また、障がいのある子どもとの関わりに関しては「統合保育」ともいい、障がいのある子どもと健常な子どもを一緒に保育することをさします。健常な子どもは幼い頃から障がいのある子どもと接することで、自然と理解を深めることができ、障がいのある子どもにとっては、健常な子どもから刺激を受けて成長することで、積極的な社会参加に繋がるといった意義があると言えます。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング