保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

強迫性障害

 

強迫性障害とは、頭の中に浮かぶ不快な考え(強迫観念)にとらわれ、それを打ち消すための繰り返しの行為(強迫行為)が止められないため、日常生活に支障をきたしたり、精神状態に大きな影響を及ぼす病気です。具体的な例としては、汚れているのではないかと不安になり、手を異常なほどに洗ったり、鍵をかけたか何度も確認しすぎて生活に支障をきたすなど、やりすぎであると自分で分かっているのにやめられないことが特徴です。症状に苦しむ生活が続くことで、気分が落ち込みやすく、強迫性障害である人はうつ病を発症する可能性が高いとも言われています。10〜20代に多く発症し、小児期から症状が始まることもあります。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング