保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

吸啜反射

 

吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)とは、赤ちゃんが生まれ持った母乳を飲むための反射である「哺乳反射」の一つです。哺乳反射には「探索反射」「捕捉反射」「吸啜反射」「嚥下反射」の4つがあります。哺乳反射は、赤ちゃんが乳首を見つけて口を開け、乳首に吸い付き、母乳やミルクを飲むための一連の原始反射のことをさします。吸啜反射を「きゅうせつはんしゃ」と読む場合もあります。吸い付いて啜る(すする)反射のことで、口の中に入ってきた乳首に吸い付き、力強くリズミカルに吸うことで、母乳を分泌させることができます。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング