保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロック

 

ジョン・ロック(John Locke)とは、イギリスの哲学者で、人間の心は生まれた時には白紙の状態(タブラ・ラーサ)であるとした「白紙説」と提唱しました。その白紙に色をつけ、内容を書き込んでいく教育を重んじ、幼児教育の重要性に注目しました。主な著書に「教育に関する考察(教育論)」があり、「健全な身体に宿る健全な精神」という表現が有名で、心がしっかり発達するには健康な身体が大切であるとしています。また、ロックの教育の目的は「紳士教育」であり、教育において最も時間をかけ、努力しなければいけないのは「子どもたちに徳とよい行儀の原理」を教え、実現させることであるとしました。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング