保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

メタ認知

 

メタ認知とは、人間が自分自身を認識する場合において、自分の思考や行動そのものを対象として客観的に把握し認識することです。この能力のことをメタ認知能力と呼び、メタ認知能力が高く、他人目線で自分を観察することができると、感情をコントロールしやすくなります。そのため目の前の不快な出来事に振り回されず、認知の力で自分の行動を制御することができます。逆にメタ認知能力が低いと、自分が周りからどう思われているか把握できず自己中心的であったり、空気を読めない人と言われてしまいます。自分の考えや感じ方を振り返り、評価をし(モニタリング)、その結果に基づいた対処行動の目標や計画を立てる(コントロール)ことで、メタ認知能力を鍛えることができます。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング