保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

モンテッソーリ教育

 

モンテッソーリ教育とは、医師であり教育家であったイタリアのマリア・モンテッソーリ(Maria Montessori)が考案した教育法です。「子どもには自分を育てる力が備わっている」という「自己教育力」の存在がモンテッソーリ教育の前提となっています。内在する力を存分に発揮できる環境と、自由が保障された中で、子どもは自発的に成長していくものであるとし、その環境整備をを重要視しています。モンテッソーリ教育における教師の存在は、教室や教具と同様、整えられた環境の担い手の一つであるとされ、子どもを注意深く観察し、子どもの欲求に沿って教育を提供する注意深さが求められます。日本では、モンテッソーリ教育のプログラムが取り入れられた幼稚園や保育園、モンテッソーリ教育を専門に行う「子供の家」が創設されています。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング