保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

おむつかぶれ

 

おむつをしていると、蒸れたり、排泄物で刺激を受け赤くなることがあります。これを「おむつ皮膚炎」といい、一般的には「おむつかぶれ」と呼ばれています。あせものような湿疹が現れることもあり、かゆみや痛みを伴い、悪化し、ただれて血がにじんでしまう場合もあります。「おしりを拭いたら泣く」「入浴時、おしりにお湯がかかると泣く」「おむつをはずすと、おしりに手をやり、かゆそうにする」このような様子が見られたら、かぶれが起き始めたサインです。不衛生にならないよう、常に清潔にするよう心がけ、おむつのサイズが合っているかを確認することが、おむつかぶれの予防となります。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング