保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

りんご病

 

りんご病とは「伝染性紅斑」の通称で、ヒトパルボウイルスB19による感染症です。子どもを中心にしてみられる流行性発疹性疾患で、両頬がりんごのように赤くなることから、りんご病と呼ばれます。発疹は顔だけでなく、胸や背中、お腹、お尻、腕や脚、手にも出ることがあります。高熱などの特徴的な症状が少なく、風邪のような症状が出たり、もしくは無症状のまま発疹だけが出ることもあります。感染経路はくしゃみや咳などの飛沫感染または接触感染で、特効薬はなく、対症療法が基本になります。一度りんご病に感染すると、抗体ができるのでそれ以降は感染することはありません。大人が感染した場合は症状が重く、妊婦の場合、胎児に影響が出ることから注意が必要です。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング