保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

しつけ

 

「しつけ」とは、自立や社会生活に必要な行動や習慣を身に付けることをいいます。しつけの時期に得た行動や習慣によって、自律的な成長につながり、生涯の個人生活や、社会生活において必要不可欠なものとなります。子どもは主に、身近な大人の行動や習慣を吸収していきます。時代により、文化や価値観が変化していくため、しつけの内容も変化していきます。しかし、社会生活において必要なものとして根本は変化していません。親として、「こう育ってほしい」「これを身に付けてほしい」と期待することが多くなりがちです。しかし、ただしつけるだけでなく、子ども本人の自尊心を傷つけることなく、自分の価値観や期待を押し付けすぎないことが重要です。また、親子間の信頼関係も重要となってきます。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング