保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

スキンシップ

 

心理的、親密的なふれあいのことを、スキンシップといいます。肌と肌とがふれあう事で、安心感を与えたり得ることができます。特に子どもに対してのスキンシップは、母親をはじめとした周囲の大人との信頼関係を築くのにとても効果的であると言われています。スキンシップにより、愛情ホルモンである「オキシトシン」が分泌されるため、愛情表現として多くのスキンシップを受けることで、子どもは愛されていると実感し、安心感や安定感を得ます。小さい頃受けたスキンシップにより、IQが高くなったり、ストレス耐性が上がるなど、脳の発達に重要とされています。オキシトシンは5~10分程度のスキンシップでも分泌され、その濃度は50分ほど保たれることから、毎日1時間毎に10分ほどのスキンシップを取るとよいとされています。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング