保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

ずりばい

 

赤ちゃんは、ハイハイができるようになるまで、うつぶせの状態でお腹を床に着けたまま、腕や足の力と、腰のひねりで前や後ろに進むようになります。これを「ずりばい」と呼びます。自分の身体を持ち上げる筋力がまだないため、このような方法で進み、ハイハイの前段階として見られます。ずりばいは動き回れるようになるための準備段階で、これにより筋力や脳の発達によい影響を与えているということがわかっています。生後7~8ヶ月で始める赤ちゃんが多いのですが、寝返りができるようになった時期などにより個人差があるので、「なかなかずりばいをしない」と心配する必要はありません。なかにはずりばいをせず、始めからハイハイを始める赤ちゃんもいます。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング