保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

チック症

 

自分の意思とは関係なく言動が繰り返される症状をチック症といいます。主に、手が震えたり、まばたきといった行動や、意味のない発声などがみられます。子どもの1~2割に現れると言われており、4~11歳頃に発症し、特に6、7歳の男の子に多く見られます。まれに慢性化することがありますが、ほとんどの場合一過性であり、次第に改善していくと言われています。発症する原因はわかっていませんが、大脳の基底核において、ドーパミン系神経の過活動によって引き起こされるのではないかと言われています。また、精神的ストレスにより症状が悪化する場合もあり、周囲の環境が症状に影響するのではないかと考えられています。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング