保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

ワクチン

 

ワクチンとは、感染症の予防に用いる薬剤のことで、病原体から作られた無毒化あるいは弱毒化された抗原です。この抗原を投与することで、体内に病原体に対する抗体産生を促し、感染症に対する免疫を獲得することができます。つまり実際に病気にかからなくても、その病気への免疫ができ、病原体が体内に侵入しても発症を予防したり、症状を軽度ですませることができるということです。また、ワクチンによる予防接種には「個人を守る」ことと「社会を守る」ことの二つの役割があります。予防接種を受けた個人のためだけでなく、多くの人が予防接種を受けて免疫を獲得することで、集団の中に感染患者が出ても流行を阻止できる「集団免疫効果」が発揮され、ワクチンを接種することができない人を守ることにもつながります。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング