保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

わらべ歌

 

わらべ歌とは、子どもたちが遊びの中で、口伝えに歌い継いできた歌で、伝承童謡や自然童謡ともいいます。一般的な歌との違いは、歌と子どもの遊びがセットになっている点があげられます。日本に伝わるわらべ歌は、絵描き歌・数え歌・遊びの歌などに分けられ、二人で遊ぶ手遊び歌には「アルプス一万尺」、集団で遊ぶ遊び歌には「かごめかごめ」「はないちもんめ」などが有名です。歌と動きを組み合わせて、子ども同士で遊んだり、運動をしたり、親子でコミュニケーションをとることもできます。また、日本の季節行事や自然観が学べたり、その地域ならではの文化や方言に触れられるなど、子どもの成長を促すだけでなく、次の世代へ文化を伝承する力も秘められています。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

保育の専門用語辞典

知りたい保育の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング