保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

ブランクOKの保育士求人

 

保育士の資格は持っているけれど、長い間保育の現場から離れているという人を「潜在保育士」と呼んでいます。保育の現場では今、少子化であるにもかかわらず待機児童の問題が解消されず、保育園の数は少しずつ増えてきていますが、深刻な保育士不足という現状は変わっていません。

政府は現場から離れて久しいという人を保育園に復帰させることで、保育士の人材を確保しようという対策をとっています。そのため、多くの保育園でブランクのある人の採用を積極的に行っています。

ブランクがあっても積極採用

求人サイトなどで「ブランクOK」という条件で検索してみると、たくさんの保育園がヒットします。しばらく現場から離れていた人が復帰しやすい環境になってきたのです。

主婦から保育の現場に復帰した人もたくさんいます。ブランクのある人を採用している保育園では、保育の現場に慣れてもらおうと様々な研修を用意しています。

正社員としての復帰も可能

ブランクOKと書かれた求人を見てみると、派遣社員やパートだけでなく、正職員としての雇用を約束する求人も数多くあります。待遇もブランクがあるからといって悪くなっていることはなく、むしろ経験者とあまり差は無い求人が多くなっています。

しかし、ブランクを経て現場に復帰するものの覚悟として、現場に慣れるまでは自ら積極的に勉強する気持ちを忘れてはいけないということです。年下の人が先輩になることもあります。子どもたちへの対応や成長や病気に関する知識など、現場に復帰しないと思い出せないこともたくさんあるでしょう。

慣れないといっても子どもたちや保護者から見れば立派な有資格者ですから、早く現場に慣れるように努力しなければいけません。分からないことは周囲にどんどん質問して、保育士の勘を取り戻してください。

こちらのページもおすすめ

no image

残業少なめの保育士求人

残業少なめという求人は人気があります。保育士の仕事と残業は切っても切れないもので、残業が負担になって辞めていく人も多い職種です。 厚生労働省が発表している調査結果によると、保育…

no image

短期間勤務の保育士求人

保育園で短い間の期間限定で働く勤務体系を短期間勤務と呼んでいます。求人サイトでは3か月以内の期間限定を短期間勤務と呼ぶことが多く、3ヶ月以上になると期間限定などと呼んでいます。…

no image

高時給の保育士求人

保育士で時給が高い求人ということであれば派遣がおすすめです。派遣社員は派遣会社に雇用され、保育園に直接雇用されるパートは異なりますので、様々な要因からパートに比べて時給が高い雇…

no image

無資格OKの保育士求人

保育園で働くのに必ずしも資格が必要なわけではありません。実は、無資格OKという求人もあります。全体の求人の数から見ると少数ですが、免許を持っていなくても働くことができるとあって…

no image

復帰歓迎の保育士求人

保育士の求人を探す時に、復帰歓迎という4文字を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。待機児童の解消が叫ばれていますが、保育園の数は増えても保育士の数が足りないという現…

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング