保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

経験者優遇の保育士求人

 

求人情報の中で「経験者優遇」と書かれているのは、保育士としての経験のある人を、給料などの待遇面で優遇してくれるということです。ただ、経験年数に含まれる勤務先については、限定している保育園と、特に限定していない保育園とに分かれます。

例えば、新卒で企業内保育所の保育士として働いたため、保育園での勤務経験がない人の場合では、保育園と企業内保育所で保育の内容に違いがあることがあり、その違いを経験として認めてもらえるかどうかは保育園によって違うということです。

1年未満の転職は経験者扱い?

「経験」というのが何年くらいの経験を指しているのかも求人情報からは分かりません。1年未満ですぐに転職する場合は「新卒」ではありませんが、「経験者」と言えるのかどうかの判断は保育園に委ねることになります。しかし、例え短い経験であっても、何を学び、何を自分の経験として得たかをしっかりと分析し自己アピールの材料にしていくことが大切です。

キャリアアップのために転職する場合は、経験年数を重ねながら転職する方が良いといわれています。短期間にたくさんの園を渡り歩くよりも、一つの園でじっくりと保育を経験し、次の保育園を目指すという方法が長い目で見ると近道になります。

転職エージェントなら給与や待遇の条件交渉も行ってくれる

今の給料に不満があって転職する場合、経験者優遇という言葉でどのくらい給料が上がるのかはわかりませんし、現状と変わらないかもしれません。経験者優遇という言葉だけに踊らされずに、転職の必要性や転職したい保育園の保育方針や待遇面など全体的にしっかりとチェックするようにしましょう。

応募先の給料について自分で聞きにくい場合は、転職エージェントなどを利用することで担当者が代わりに聞いてくれます。また、内定後には給与や待遇の条件交渉も行ってくれますので、気になる方は利用を検討してみましょう。

こちらのページもおすすめ

no image

無資格OKの保育士求人

保育園で働くのに必ずしも資格が必要なわけではありません。実は、無資格OKという求人もあります。全体の求人の数から見ると少数ですが、免許を持っていなくても働くことができるとあって…

no image

短期間勤務の保育士求人

保育園で短い間の期間限定で働く勤務体系を短期間勤務と呼んでいます。求人サイトでは3か月以内の期間限定を短期間勤務と呼ぶことが多く、3ヶ月以上になると期間限定などと呼んでいます。…

no image

ブランクOKの保育士求人

保育士の資格は持っているけれど、長い間保育の現場から離れているという人を「潜在保育士」と呼んでいます。保育の現場では今、少子化であるにもかかわらず待機児童の問題が解消されず、保…

no image

乳児保育の保育士求人

乳児保育を担当する保育士を募集している求人もあります。乳児保育のみの担当となりますので、正職員ではなく派遣社員やパートタイマーという雇用形態の求人が多くなっています。常に赤ちゃ…

no image

高時給の保育士求人

保育士で時給が高い求人ということであれば派遣がおすすめです。派遣社員は派遣会社に雇用され、保育園に直接雇用されるパートは異なりますので、様々な要因からパートに比べて時給が高い雇…

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング