保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

マイカー通勤OKの保育士求人

 

都心では通勤に電車を使うのは当たり前ですが、地方に行くとマイカーでなければ通勤できないこともあります。保育士求人にマイカー通勤OKと求人情報に書かれているのは、保育園側で駐車場を用意してくれているということです。

ただし、気をつけなければいけないのは、毎月駐車場代が発生する可能性もあるということです。敷地外の駐車場を借りている場合には地代の一部をお給料から引かれることがあります。

交通費としてガソリン代は支給される?

マイカー通勤ができるといっても、ガソリン代が支給されるという意味ではありません。交通費は支給されることが多いですが、電車通勤者と比べて毎月のガソリン代のうち通勤に使われた分がはっきりと分かりませんので、自宅から保育園までの距離で交通費が支給されることがほとんどです。

交通費の支給範囲に関する規定は園によって違いがありますが、自宅と保育園が近い場合には通勤手段が何であれ交通費が支給されないこともありますので注意が必要です。

車高が高い車は要注意

ワンボックスカーなど車高が高い車で通勤したい場合には、事前に駐車できるか確認することも大切です。立体駐車場や狭い駐車場などでは車自体が入れられないこともあります。通勤のために車を買い替えるということも一つの方法ではありますが、転職を控えた時期にはあまり現実的ではありません。マイカー通勤OKと書かれていても確認しなければいけないことはたくさんあるので気をつけてください。

長く働くため自分に合った通勤手段を選ぶ

マイカーでしか通勤できない地域に住んでいる人の場合、通勤手段に関して妥協してしまい、マイカー通勤ができない保育園に勤め始めると通勤が大変になります。乗り換えが極端に多い場合も同様です。就職先を選ぶときには、お給料やお休みなどの情報に目が行きがちですが、長く働き続けるためには通勤手段も大切になってきます。

こちらのページもおすすめ

no image

週3日からの保育士求人

ご主人の扶養内で働きたいと希望する場合、年収が130万円を超えると扶養から外れますので、130万円を超えない範囲で勤務する必要があります。 記事の目次扶養における年収の壁週3日…

no image

寮や社宅制度がある保育士求人

保育士の求人の中にも、一般企業のような寮や社宅完備と書かれた求人が少しずつ増えてきています。寮といっても、その多くはアパートを社宅として借り上げている形になるようですが、家賃は…

no image

年間休日120日以上の保育士求人

年間休日120日以上の休日がある保育士の求人が増えています。年間休日120日以上というのは、週休2日制でなおかつ国民の祝日も休み、正月などの大型連休もまとまった休みが取れるとい…

no image

復帰歓迎の保育士求人

保育士の求人を探す時に、復帰歓迎という4文字を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。待機児童の解消が叫ばれていますが、保育園の数は増えても保育士の数が足りないという現…

no image

ブランクOKの保育士求人

保育士の資格は持っているけれど、長い間保育の現場から離れているという人を「潜在保育士」と呼んでいます。保育の現場では今、少子化であるにもかかわらず待機児童の問題が解消されず、保…

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング