保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

復帰歓迎の保育士求人

 

保育士の求人を探す時に、復帰歓迎という4文字を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。待機児童の解消が叫ばれていますが、保育園の数は増えても保育士の数が足りないという現状があります。

どこの保育園でも資格者が足りていないということで、現場から長い間離れていた主婦などといった「潜在保育士」を欲しがる保育園が増えてきているのです。ブランクOKとか、復帰歓迎と書かれているのは、何年保育の現場から離れていても歓迎しますよという意味ですから、ブランクがあることを引け目に思わずに現場復帰に向けてどんどん面接を受けてみましょう。

復帰後の様々な戸惑い

ただし、ずっと離れていた現場に戻るというのは想像以上に大変なことです。まず、子供たちの関わり方に戸惑い、若い先輩たちとの関わりに戸惑う。保育所指針の違いに戸惑い、IT化された保育記録管理に戸惑う。これらは最初から想定できるかもしれませんが、しばらく仕事をしていなかった人にとっては精神的にも体力的にも慣れるまでは負担が大きくなるでしょう。お休みの日には体をゆっくり休めるなどして、あまり無理をしないことが大切です。

過去の知識はリセットして一から学ぶ姿勢を

また、保育の研修にはしばらく積極的に参加した方が良いでしょう。手遊びや歌などは昔のままかもしれませんが、保護者対応や保育園の安全管理などは以前働いていたときよりも随分と複雑なものになっているはずです。まずは今の保育園の現状を知ることから初め、少しずつ現場の空気に慣れていくことが大切です。

分からないことは恥ずかしがらずにどんどん質問していきましょう。年下であっても先に働いていた保育士は先輩です。教えを乞う気持ちで何でも質問して吸収していこうという前向きな姿勢を忘れないようにしてください。

こちらのページもおすすめ

no image

賞与ありの保育士求人

厚生労働省が調査した結果によると、保育士の平均月収はおよそ21万円で、平均賞与(ボーナス)はおよそ2.5か月分となっています。しかし、最近ではボーナスが年に2回、4ヶ月分と厚待…

no image

園長候補の保育士求人

保育士の求人の中には、園長候補を募集するものもたくさんあります。キャリアアップを目指している人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 記事の目次園長候補の仕事は保育から経営ま…

no image

アットホームな環境の保育士求人

保育士の退職理由の上位に上がるのが、職場の人間関係のもつれです。男性保育士も増えてきたとはいえ、女性が中心の職場ですから人間関係を一度こじらせてしまうと修復はなかなか難しく、風…

no image

残業少なめの保育士求人

残業少なめという求人は人気があります。保育士の仕事と残業は切っても切れないもので、残業が負担になって辞めていく人も多い職種です。 厚生労働省が発表している調査結果によると、保育…

no image

産休・育休ありの保育士求人

保育士の求人の中には「産休・育休あり」という条件がついたものがあります。産休や育休が取れる保育園ということですが、どのくらいの期間取れるのかは分かりませんので、これから出産の予…

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング