保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

乳児保育の保育士求人

乳児保育を担当する保育士を募集している求人もあります。乳児保育のみの担当となりますので、正職員ではなく派遣社員やパートタイマーという雇用形態の求人が多くなっています。常に赤ちゃんと一緒にいられる乳児保育の求人はとても人気が高く、応募者も多いです。乳児保育とは通常0~2歳児の乳幼児保育を指しています。

赤ちゃんの成長を近くで感じられる

乳児のクラスで働くことの最大の魅力は、可愛い赤ちゃんの成長をそばでじっくりと見守っていくことができることです。寝返りからハイハイ、お座り、つかまり立ち、そして歩き始める。心身ともに急速な発達を遂げる赤ちゃんをそばで見ていられる喜びは何にも代えがたいものです。

赤ちゃんの成長を保護者と一緒に共有し、時には保護者の悩みに寄り添ってアドバイスをするなどやりがいを感じる機会も多いでしょう。また、乳児の場合、年長の子どもたちに比べて保育士一人が担当する子どもが少ないという特徴もあります。一人ひとりとじっくり向き合って保育ができるのも魅力となっています。

常に緊張感が必要な仕事

魅力がたくさんの乳児クラスですが、その反面で、常に緊張感を持って赤ちゃんを見守らなければいけないという大変さもあります。誤飲や転落など事故を起こしやすい年代でもあるので、保育士はいつも赤ちゃんから目が離せません。

また、おむつ替えからお着替えまでまだ一人では十分にこなすことができないので、常に保育者の手が必要になります。なかなか寝付かない子をおんぶしながら他の子どもに食事を与え、布団から起き出した子供に駆け寄り背中をトントンと。

一日の中でホッと一息つける時間はあるかないか、他のクラスの保育士に比べて慌ただしく一日が過ぎていきます。体力がないと続きませんし、自分が病気をして子どもたちにうつしても大変です。自己管理をきちんと行うなど、保育のプロとして常に意識して生活することも大切になります。

こちらのページもおすすめ

no image

土日休みの保育士求人

保育士の求人探しでは、検索条件を入力すれば完全週休二日制の求人を探すことも可能です。保育園は基本的に土曜日もお子さんを預かっているので、完全週休二日制というのは、雇用形態が派遣…

no image

週3日からの保育士求人

ご主人の扶養内で働きたいと希望する場合、年収が130万円を超えると扶養から外れますので、130万円を超えない範囲で勤務する必要があります。 記事の目次扶養における年収の壁週3日…

no image

オープニングスタッフの保育士求人

新しくオープンする保育園で働きたいという保育士はたくさんいます。4月から開園する保育園ではオープニングスタッフの求人掲載を前年の秋ごろからスタートさせますので、新しい園への転職…

no image

賞与ありの保育士求人

厚生労働省が調査した結果によると、保育士の平均月収はおよそ21万円で、平均賞与(ボーナス)はおよそ2.5か月分となっています。しかし、最近ではボーナスが年に2回、4ヶ月分と厚待…

no image

経験者優遇の保育士求人

求人情報の中で「経験者優遇」と書かれているのは、保育士としての経験のある人を、給料などの待遇面で優遇してくれるということです。ただ、経験年数に含まれる勤務先については、限定して…

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング