保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

賞与ありの保育士求人

 

厚生労働省が調査した結果によると、保育士の平均月収はおよそ21万円で、平均賞与(ボーナス)はおよそ2.5か月分となっています。しかし、最近ではボーナスが年に2回、4ヶ月分と厚待遇の保育園が増えてきているようです。

月収が21万円として、1.5か月もの差があると、年収で31万円もの差が生まれます。日ごろの働き方を評価してもらえる機会であるボーナスは、多く貰えるほど励みになり、モチベーションアップにもつながります。求人情報では待遇や福利厚生の欄に支給回数と月収の何か月分かの記載がありますのでチェックしてみてください。

賞与以外にも注目して求人を探すこと

ボーナスがたくさんもらえるのは嬉しい事ですが、給料やボーナスばかりを気にして転職先を探していては、良い保育園に巡り合える機会は少ないと考えましょう。もちろん、待遇は長く働き続けるためにも良いに越したことはありませんが、人間関係や保育方針なども就職先を探す大切な材料になります。

ただ、賞与額が良いからといって働きやすい保育園とは限りません。賞与が多いのに、いつも求人を出している保育園は人間関係などに心配なことがあるかもしれません。面接や職場見学を利用して実際に目で見て園の雰囲気などを確かめることが、良い就職先を見つける近道となります。

賞与が高額な保育園は危険?

賞与額が多くても残業が多いとプライベートに影響が出ます。大切なのはすべてのバランスです。4ヶ月分の賞与は高い設定ではありますが破格ではありません。逆に、過剰な賞与を支給すると謳う保育園には何か問題があるかもしれないと慎重になった方が良いでしょう。

もちろん、色々と調べた結果何の問題もないと分かればそれで良いのですが、くれぐれもお給料や賞与額で保育園を選ぶようなことはしないようにしましょう。

こちらのページもおすすめ

no image

残業少なめの保育士求人

残業少なめという求人は人気があります。保育士の仕事と残業は切っても切れないもので、残業が負担になって辞めていく人も多い職種です。 厚生労働省が発表している調査結果によると、保育…

no image

週3日からの保育士求人

ご主人の扶養内で働きたいと希望する場合、年収が130万円を超えると扶養から外れますので、130万円を超えない範囲で勤務する必要があります。 記事の目次扶養における年収の壁週3日…

no image

寮や社宅制度がある保育士求人

保育士の求人の中にも、一般企業のような寮や社宅完備と書かれた求人が少しずつ増えてきています。寮といっても、その多くはアパートを社宅として借り上げている形になるようですが、家賃は…

no image

短期間勤務の保育士求人

保育園で短い間の期間限定で働く勤務体系を短期間勤務と呼んでいます。求人サイトでは3か月以内の期間限定を短期間勤務と呼ぶことが多く、3ヶ月以上になると期間限定などと呼んでいます。…

no image

産休・育休ありの保育士求人

保育士の求人の中には「産休・育休あり」という条件がついたものがあります。産休や育休が取れる保育園ということですが、どのくらいの期間取れるのかは分かりませんので、これから出産の予…

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング