保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

オープニングスタッフの保育士求人

 

新しくオープンする保育園で働きたいという保育士はたくさんいます。4月から開園する保育園ではオープニングスタッフの求人掲載を前年の秋ごろからスタートさせますので、新しい園への転職を希望しているのであれば前年からこまめに情報を仕入れることが大切になります。

オープニングスタッフで働くメリット

新しい保育園のオープニングスタッフで働くメリットはたくさんあります。まず、一からスタートするのは皆同じで横並びでのスタートになりますから、園の雰囲気を自分たちで作っていくことで結束力が深まり、良い人間関係が築きやすくなります。

保育方針も未知数なので、これから作り上げるというやりがいを感じながら仕事をすることができるでしょう。そして、何といっても施設全体がとても綺麗です。既存の建物を利用して開園する保育園でも内装は一新されているので、気持ちよく働くことができます。

保護者との関係も一から作り上げていきます。既存の園に入職する場合、保護者とすでに働いている保育士の関係が把握しにくく新しい関係づくりに苦労することも多いのですが、新規開園の保育園ならその心配はありません。

オープニングスタッフで働くデメリット

新しいことがデメリットになることもあります。決まっているようで決まっていない保育方針や園の行事の内容について、保育をしながら決めていかなくてはいけないことも多く、楽にスタートできるわけではありません。

子どもたちだけでなく、保育士も期待と不安が入り混じったスタートになりますから、皆でしっかり話し合う機会を多く持ち、「これから作っていく」という自覚を持たないと精神的な負担が大きくなります。

また、就職するには倍率が高く、採用は狭き門となってしまうことが多いので、面接に対する対策などはしっかりと取る必要があります。

こちらのページもおすすめ

no image

無資格OKの保育士求人

保育園で働くのに必ずしも資格が必要なわけではありません。実は、無資格OKという求人もあります。全体の求人の数から見ると少数ですが、免許を持っていなくても働くことができるとあって…

no image

年間休日120日以上の保育士求人

年間休日120日以上の休日がある保育士の求人が増えています。年間休日120日以上というのは、週休2日制でなおかつ国民の祝日も休み、正月などの大型連休もまとまった休みが取れるとい…

no image

土日休みの保育士求人

保育士の求人探しでは、検索条件を入力すれば完全週休二日制の求人を探すことも可能です。保育園は基本的に土曜日もお子さんを預かっているので、完全週休二日制というのは、雇用形態が派遣…

no image

住宅手当や家賃補助がある保育士求人

住宅手当がある保育士求人が増えてきています。単身者でも、家族がいる人でも住宅の手当があると家計がとても助かりますし、通勤に便利なところへも引越しやすくなります。 記事の目次ほと…

no image

年齢不問の保育士求人

保育士求人ではほとんどの園で年齢不問という条件で求人を出しています。かつて、あらゆる求人情報には年齢について「40歳未満」とか「30歳以下歓迎」などと年齢制限がありました。 し…

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング