保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

短時間勤務OKの保育士求人

 

保育士の求人に「短時間勤務OK」と書かれていたら、パート勤務で短い時間でも働けるということになります。時給は保育園によって違いがありますが、資格を持っているパート保育士の場合、900円から1,100円くらいが平均的な金額です。

扶養内では働く場合

扶養内で働きたいと希望するのであれば、週に何日、何時間までの勤務であれば年収の壁を越えることはないのかを考えておかなくてはいけません。面接の時に、扶養の範囲内で働きたいことを伝え、勤務時間をしっかりと決めておくことが大切です。

始めに勤務時間についてしっかりと話し合っておかないと慣れていくうちに残業が増え、年収の壁を越えてしまったというケースもあります。短時間勤務というのは何時から何時までの何時間勤務なのか、しっかりと確認しておきましょう。

短時間勤務なら早朝保育や延長保育

パートで勤務する保育士は、担任の保育士の補助的な役割で仕事をします。短時間勤務の中には早朝保育や延長保育のみといった募集もありますが、日中の数時間のお手伝いという求人も数多くあります。

日中の場合、クラス担任の指示を仰ぎながら子供たちのお世話をしていきます。どの程度までの仕事を任されるかは保育園によって差があるようですが、資格を持って働くのですから、短時間でも子供たちへの責任を忘れずに仕事をすることが大事です。

担任保育士とのコミュニケーション

勤務時間が短いために、担任の保育士とのコミュニケーションが上手くいかないといったケースもあるようです。短時間と割り切って働くことも大切ですが、保育のプロとして疑問に思うことがあれば遠慮なく質問し、短時間でも正職員と積極的にコミュニケーションを取る努力をすることが長く働く秘訣です。

早朝や夕方といった時間帯のみ働く場合、正職員が出勤してくるまでは一人で子供たちを見なくてはいけないこともあります。責任が大きい仕事ですが、保護者とのやり取りもあり、やりがいを感じることができるでしょう。

こちらのページもおすすめ

no image

交通費全額支給の保育士求人

保育士の求人サイトでは、交通費全額支給という条件で働きたい保育園を探すことができます。交通費は毎日必要なものですから、全額支給というのはとても助かります。 記事の目次保育園によ…

no image

4月入社の保育士求人

保育士の求人は4月入社の求人が最も多くなります。4月入社ということは、1月から少しずつ求人が出始め、2月の中旬ごろには多くの情報が出揃ってきます。 記事の目次保育士にとって4月…

no image

アットホームな環境の保育士求人

保育士の退職理由の上位に上がるのが、職場の人間関係のもつれです。男性保育士も増えてきたとはいえ、女性が中心の職場ですから人間関係を一度こじらせてしまうと修復はなかなか難しく、風…

no image

産休・育休ありの保育士求人

保育士の求人の中には「産休・育休あり」という条件がついたものがあります。産休や育休が取れる保育園ということですが、どのくらいの期間取れるのかは分かりませんので、これから出産の予…

no image

ブランクOKの保育士求人

保育士の資格は持っているけれど、長い間保育の現場から離れているという人を「潜在保育士」と呼んでいます。保育の現場では今、少子化であるにもかかわらず待機児童の問題が解消されず、保…

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング