保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

ベビーシッター

 

漫画やアニメ、映画などで題材として取り上げられたり、そう言う登場人物が居る事から、ベビーシッターの存在は認知度が高いと言えます。訪問型保育とも呼ばれており、特定の保育施設を持たず、利用者宅にて保育を行うサービスです。

しかし、現実で見た事があるかと言われると「見た事はない」と答える人が大半でしょう。認知度の割りに、実際にその仕事で生計を立てている人は少なく、なろうと考える人もあまり居ない職業になります。一方で、昨今の待機児童問題などから需要が上がっているのも確かです。どうしたらベビーシッターになれるのでしょうか。

ベビーシッターに必要な資格とは?

赤ちゃんの命を預かる仕事ですが、保育士のような国家資格はありません。もし資格取得を目指すのであれば、公益社団法人・全国保育サービス協会が認定している民間資格「認定ベビーシッター」を取得すると良いでしょう。民間資格であっても、あると無いとでは信用度が違ってきます。

ベビーシッターの仕事内容

子供の保育がメインとなりますが、契約しているクライアントによっては掃除や洗濯、食事などが仕事に加わる事もあります。勿論これ等の仕事内容は、最初の段階でしっかり契約を結んでいる事が前提です。「家に居るからこれもお願いね」と頼まれても、それが契約外であればする必要はありません。

ベビーシッターとして働くメリットとデメリット

基本的には資格が無くてもその職に就く事が出来るので、お子さん好きの方にはおすすめのお仕事になります。しかし、可愛い子供を保育するお仕事であってもクライアントは親御さん。親御さんからの信頼を得られなければ、どんなに子供と上手くいっていても契約を解除される可能性があります。また中には契約外の事を依頼してくると言う親御さんも居るので、注意しなければなりません。

こちらのページもおすすめ

no image

病院内保育施設

自社や近隣に保育施設を設け、従業員が仕事と家庭を両立出来るようサポートを行っている企業が増えてきました。最近では、同様の施設が病院でも取り入れられています。男性も増えてきたとは…

no image

認可外保育園

認可保育園や無認可保育園と言う言葉を聞いた事がある方も多いでしょう。認可外保育園とは、無認可保育園の事になります。一般的には、施設の広さや保育士をはじめとする職員の数などの条件…

no image

母子生活支援施設

両親の離婚や夫の死別など、何らかの事情により配偶者をうしなってしまった女性は、その後の人生で大変な状況に陥る事が多々あります。18才未満の子供を育てている女性の味方となるのが、…

no image

家庭保育室

「家庭保育室」や「保育ママ」と言う名称、聞いた事があると言う方も多いのではないでしょうか。これらは、2010年度から児童福祉法上の家庭的保育事業として位置づけられたもので、3才…

no image

ベビーホテル

ホテルと言うと旅先での宿泊施設と言う印象ですが、最近ではベビーホテルと呼ばれる保育施設が増えてきました。夜中も働くお母さんや、急に遠出をしなければいけなくなったけれど赤ちゃんは…

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング