保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

私立保育園

    

公立保育園と私立保育園を、認可保育園と無認可保育園と混同してる人は少なくありませんが、実際は全く違うものです。私立保育園とは、社会福祉法人、NPO法人、学校法人、企業が運営している保育園、自治体が運営していない保育園を指します。

私立保育園で保育士として働くには

各自治体が運営している公立保育園であれば地方公務員と言う扱いになりますが、私立保育園は民間運営なので、各保育園に直接雇用される形になります。公立保育園は運営しているのが自治体と言う事もあり、どの保育園にも保育の質や方針にそこまでの違いはありませんが、私立の場合は母体となる組織や責任者によって、園の方針や仕事内容が大きく変わってきます。宗教や食育などに着目した保育を行っている保育園も少なくありません。

私立保育園で働くメリット・デメリット

私立の保育園で働くメリットは、自分の方針とマッチした園を選んで就職する事が出来る点です。公立はどんなに居心地の良い職場でも、公務員である以上転勤がありますが、私立であればずっと同じ園で勤める事も可能です。以前は、保育士は女性が多いにもかかわらず産休や育休などを取る事はあまり歓迎されませんでしたが、最近では保育士の質の向上や働きやすい職場作りに力を入れている園も多いため、以前よりも女性が長く続けられるようになりました。

デメリットは、自治体からのバックアップがある公立に比べて給与が低い点です。若い頃は気にならないかも知れませんが、公立の保育士は公務員扱いなので、十年、二十年と働き続けるうちに給与が上がり、大きな差が出てきます。給与重視で勤める園を決めたい場合は、私立の保育園よりも公立の保育園で働く事を考えた方が良いでしょう。

こちらのページもおすすめ

no image

認可外保育園

認可保育園や無認可保育園と言う言葉を聞いた事がある方も多いでしょう。認可外保育園とは、無認可保育園の事になります。一般的には、施設の広さや保育士をはじめとする職員の数などの条件…

no image

ナーサリールーム

ナーサリールームでは、保育者の人数や質、衛生的であるか、園児一人あたりにどの程度の空間が確保出来るかなど、各自治体独自の基準を設けており、その条件を満たす事で保育業務の委託指定…

no image

企業内保育施設

両親が共働きの場合、まだ小さなお子さんを保育園に預けていると言うご家庭は多いでしょう。しかし最近では、育児をしながら働くご両親を応援するため、企業内保育施設(事業所内保育施設)…

no image

幼稚園

保育士として働く方の中にも、幼稚園の先生にも憧れていた、もしくは今でも憧れていると言う方は多いはずです。保育士同様に、今も昔も人気の高い職業です。 記事の目次幼稚園で働くには?…

no image

家庭保育室

「家庭保育室」や「保育ママ」と言う名称、聞いた事があると言う方も多いのではないでしょうか。これらは、2010年度から児童福祉法上の家庭的保育事業として位置づけられたもので、3才…

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング