保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

プリスクールとは?仕事内容と保育士求人について

    

プリスクールとは?仕事内容と保育士求人について

プリスクールの語源は海外のPreschool(プレスクール)で、世界的には保育園や幼稚園のことを言いますが、日本国内においては保育や教育の大半を英語で行う保育施設としての認識が広まっています。

プリスクールと他施設との違い

プリスクールでは、一般的な保育園・幼稚園では行わないレベルの英語教育に力を入れており、多彩なカリキュラムを提供しています。

では、保育園、幼児向け英会話教室、インターナショナルスクールとの違いは何でしょうか?以下で具体的に説明していきます。

保育園との違い

認証や認可など、保育園には公立という括りがあるのに対して、ほとんどのプリスクールが認可外となっています

認可外保育施設として届け出がされている施設もありますが、英語塾の延長として保育サービスを行っている施設や、認可幼稚園が英語保育に切り替えている施設など、プリスクールの実態は多種多様

幼児向け英会話教室との違い

幼児向けの英会話教室は、語学としての英語を学ぶことが目的の塾のような所です。そのため、授業として子供を通わせる形になります。

一方のプリスクールでは施設内の公用語を英語とし、生活しながら語学以外の物事も学んでいくスタイル。そのため、英語を「勉強」としてとらえず、ネイティブに近い環境で外国語に接し、自然と身に付けることができます。

インターナショナルスクールとの違い

インターナショナルスクールとは、日本に暮らす外国人の子供を対象にした施設のことを指し、保育施設ではなく学校になります

インターナショナルスクールは様々な国や地域の言語ごとに学校が存在し、その国ならではの教育内容や方針で授業が進められています。

ちなみに、日本の文科省においては「インターナショナルスクールは主に英語により授業が行われ、外国人児童生徒を対象とする教育施設」としており、そのほとんどが無認可校となっており、通っても日本における義務教育にあたりません。

インターナショナルスクールとの違い

プリスクールに通う目的や理由は様々

プリスクールに我が子を通わせる保護者は教育熱心な方が多く、小学校受験を視野に入れていたり、幼児のうちからTOEICテストを目指している子供も珍しくありません。

その他にも、インターナショナルスクールに入学予定の子供、海外転勤を控える日本国籍の子供、日本に転勤してきた外国籍の子供など、プリスクールに通うは子供は様々な目的や理由があることを覚えておきましょう

英語力がない保育士にクレーム殺到?

プリスクールにおいて英語を話す以外、基本的な仕事内容は一般的な保育園と変わりません。ですが、プリスクールに通う以上「子供の英語力を高める」といった大きな期待が掛かっているのは確かです。

そのため、保育士の英語力が中途半端だと、教育熱心な親御さんからクレームがくる可能性もあります

プリスクールに子供を通わせる保護者の多くは、海外への移住を検討していたり、親御さん自身が英語を用いる仕事をしている事が多いので、語学に対して強いこだわりを持ち、ある程度の成果を求めるケースが良くあります。

英語力がない保育士にクレーム殺到?

プリスクールでの仕事内容

プリスクールで働く職員は大きく分けて「スクール責任者」「ネイティブ先生」「バイリンガルスタッフ」の3つ。それぞれの役割と仕事内容を理解して、どの職種で働きたいのかを明確にしましょう。

スクール責任者の仕事内容

スクール責任者とは、その名の通りプリスクールの責任者で、保育園で言う園長先生のようなポジションになります。

スクール責任者の役割は、保護者対応や入園者希望者の集客など。その他にも、事務手続きや職員の管理なども大切な仕事内容です。

管理業務だから英語は話せなくても良いということもなく、プリスクールではスクール責任者にも英語力が求められます

プリスクールでは保護者だけでなく、職員同士でもコミュニケーションをとりますので、日本語と英語の両方を話せる人でないと務まらないでしょう

あとは、問題が生じた際の折衷力や問題解決力が求められる場面も多いので、経験や勘に頼るのではなく、しっかりとした知識を身に付けておくことが求められます。

ネイティブ先生の仕事内容

実際に英語レッスンを行う職員をネイティブ先生と呼び、授業の進行やレッスンに向けた準備が主な仕事内容となります。

ただ、準備に関しては、ほとんどのスクールで独自のカリキュラム(プログラム)を組んでいますので、その指示に従って準備をすれば良いだけ。頭を使って毎回内容を考えるなど、そこまでの労力は必要ありません。

それよりも、常に何が起きるか分からないレッスン中の方が大変。特に、0~3歳児はレッスン中のお漏らし、椅子にじっと座っていられない、グズってしまうということは日常茶飯事。

アシスタントスタッフと協力し合い、滞りなくレッスンプログラムを行うチームワークが求められます。

バイリンガルスタッフの仕事内容

バイリンガルスタッフの主な仕事内容は、ネイティブ先生のアシスタントです。もちろん、バイリンガルスタッフがレッスンを行う場合もあります。

プリスクールによってバイリンガルスタッフの役割は変わってきますが、日本人向けのプリスクールでは「英語をネイティブにしたい」という目標をもって入学する子供がほとんど。

つまり、英語を理解している子供というより、これから英語を身につける子供がほとんど。そういった、子供を日本語を交えてフォローすることがバイリンガルスタッフの役割でもあります。

ネイティブレベルの英語とまではいきませんが、日本語と英語の両方をある程度話せることが条件になります。

その他の職員

規模が大きいプリスクールになると、上記で紹介した職員以外に、給食をつくる管理栄養士、清掃スタッフ、事務スタッフなどの募集もあります。

「英語は話せないけどプリスクールで働いてみたい」という方は、これらの職種で応募しても良いでしょう。運が良ければ、バイリンガルスタッフのようなアシスタント業務を任せられるかもしれませんよ。

ネイティブ先生は人手不足

プリスクール求人のなかでも、特にネイティブ先生を求める声は多くなっています

ネイティブ先生として入社した外国人が家族関係で帰国したりと、同じ職場で長く働くスタッフは少ないことが、人手不足の大きな理由のひとつだそうです。

もし、日本人だけどネイティブレベルの英語が話せる!という方であれば、応募を検討してみてはいかがでしょうか?保育業界では考えられない高待遇で働けるかもしれませんよ!

ネイティブ先生は人手不足

プリスクールっで働く保育士の給料は?

保育士資格に加えて英語力も求められるため、同じ保育士求人でもかなりハードルが高い職業だと思います。

しかし、プリスクールっで働く保育士の給料は、一般的な保育士に比べかなり高い水準となっています

正社員・契約社員月給20万円以上
パート・派遣社員時給1400円以上

プリスクールの保育士として働く条件

プリスクールの大半は認可外保育園として届け出されているため、各プリスクールにおける条件を満たしていれば誰でも応募可能です。ただし、基本的に英会話スキルは必須となります

また、保育士求人サイトでプリスクールの求人情報を確認すると、「保育士資格」や「幼稚園教諭」の保有者、また「小学校教諭免許取得者優遇」といった条件が目立ちます。

日常会話レベルの英語が話せれば無資格・未経験でもOK?

プリスクール求人の中には、英語力を優先して「無資格・未経験でも応募可」としている求人も少なくありません。その際の英語力はTOEIC650点程度以上を基準としているの求人がほとんど。

ちなみに、TOEIC公式ランクではCランク(470点~729点)に属し「日常生活のニーズを充足し、限定された範囲では業務上のコミュニケーションができる」と定義されています。

イギリス英語、アメリカ英語というのは特に気にしない場合がほとんどですが、訛りがあまりにもひどいのは注意しなければいけません。

TOEICスコア以外に、海外留学経験英検準一級合格という方は、採用面接で大きなアピールポイントになるでしょう。

グローバルなコミュニケーション能力が求められる

その他、資格や英語力以外で重要視されるスキルは、職員同士のコミュニケーション能力です。グローバルな職場で働くというのは、想像以上に意思の疎通が大変。

また、保護者の方もクセの強い方が多い傾向にあり、そいった部分で上手くコミュニケーションがとれる能力は、必然的に求められる傾向にあるでしょう。

子供が好きだということ

ほとんどのプリスクールでは、スクール独自でカリキュラムやプログラムが組まれているため、自ら考えて、上司に提案して、小物を作るといった必要は基本的にありません。持ち帰り残業も少なめです

子供への指導方法や接し方などは採用後の研修で丁寧に教えてくれます。「子供が好き」という気持ちがあれば、そこまで心配する事はありません。

プリスクールの求人サイトでおすすめは?

保育ひろば(ネオキャリア)

保育ひろば

ネオキャリアが運営する「保育ひろば」の特徴は、全国4万ヶ所以上の保育施設に独自の人材ネットワークを持っており、保育ひろばだけの独占求人が非常に多いこと。

地域密着でスピーディー対応が自慢の転職エージェントは、利用者満足度は94%とかなりの高評価。募集されていない保育園への直接交渉も任せられます。

さらに、転職成功で最大2万円分のギフト券をプレゼントしてくれるところも嬉しいポイントです。

また、登録面談は電話だけで完了します。面倒で交通費も掛かる来社は必要ありません。最短、当日中に希望に沿ったお仕事紹介が受けられますよ。

求人数10,000件以上
対応エリア全国
雇用形態正社員、契約社員、派遣社員、紹介予定派遣、パート
おすすめ度平均満足度4.9

その他の保育士転職サイトランキングはこちら

こちらのページもおすすめ

no image

認可保育園

認可保育園とは、各都道府県知事に認可されている保育園の事になります。児童福祉法に基づいて施設の広さや、設備の内容、保育士をはじめとする職員の数など、様々な規定をクリアする事で認…

no image

病院内保育施設

自社や近隣に保育施設を設け、従業員が仕事と家庭を両立出来るようサポートを行っている企業が増えてきました。最近では、同様の施設が病院でも取り入れられています。男性も増えてきたとは…

no image

小規模保育園

大きな保育園では、保育士が子供一人一人に目を向ける事が出来ないと言う事も少なくありません。一人で何十人と言う子供を保育しなければならないのですから、当然です。そのような事情から…

no image

認定こども園

近頃よく聞くようになったのが、認定こども園です。詳しくは分からないけど、何となく名前は聞いた事がある、と言う方も多いでしょう。では、具体的にどのようなものなのでしょうか。認定こ…

no image

放課後等デイサービス

放課後、何らかの事情で両親が家に居らず、一人にしておく事に不安がある子供達は、学童保育に預けられる事が多いです。しかし障害がある子供だと、学童保育で上手く同年の子供達に馴染む事…

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング