保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

公立保育園

学校に公立と私立があるように、保育園にも公立と私立があります。公立保育園と私立保育園の違いは、運営している団体になります。例えば公立の保育園は、公立と言う言葉からも分かる通り、その園が所属している市区町村の自治体が運営を行っています。対して私立保育園は社会福祉法人、NPO法人、学校法人、企業など、様々な団体が運営しているケースが多いです。

なお、公立・私立を認可・無認可と混同しないよう気を付けましょう。国が定めた基準をクリアし、条件を充たしていれば認可保育園となります。

公立保育園の特徴

公立保育園で保育士として働く場合は、仕事内容は勿論ですが、公立の特徴をしっかりと把握し、メリット・デメリットを考えなければなりません。

公立保育園の特徴は、何と言ってもその肩書きにあります。保育園で働く以上、保育士であるのは間違いありあせんが、公立の保育園を運営しているのは各自治体のため、そこに所属している保育士は地方公務員と言う扱いになります。公務員であるため安定感があり、保育士の勤続年数は私立の保育士と比べると長いのも特徴。長く働き続けたいと考えているならば、まずは公立を考えてみると良いでしょう。また、自治体に運営が委ねられているので、保育の質はほぼ均一化されており、どこの保育園でも同程度の質の保育をしている事が多いです。

デメリットもある

公立で働くのは良い事ばかりに思えるかも知れませんが、勿論メリットばかりではありません。デメリットも存在します。最大のデメリットは、異動があると言う点です。公立保育士として長く続ける事は出来ますが、同じ保育園に居続ける事は出来ないため、数年ごとに職場環境が変わると言う点は注意しましょう。

こちらのページもおすすめ

no image

幼稚園

保育士として働く方の中にも、幼稚園の先生にも憧れていた、もしくは今でも憧れていると言う方は多いはずです。保育士同様に、今も昔も人気の高い職業です。 記事の目次幼稚園で働くには?…

no image

小規模保育園

大きな保育園では、保育士が子供一人一人に目を向ける事が出来ないと言う事も少なくありません。一人で何十人と言う子供を保育しなければならないのですから、当然です。そのような事情から…

no image

託児所

託児所とは、都道府県知事からの認可を受けていない認可外保育施設になります。認可は受けていませんが、その存在を自治体が把握していないと言うわけではなく、設置の際には届け出る必要が…

no image

民間保育園

保育園にも公立の保育園や民間の保育園があります。何となく企業の形態に似ていると思われるかも知れませんが、言ってしまえば保育園も企業が運営している組織の一つなのです。例えば公立の…

no image

母子生活支援施設

両親の離婚や夫の死別など、何らかの事情により配偶者をうしなってしまった女性は、その後の人生で大変な状況に陥る事が多々あります。18才未満の子供を育てている女性の味方となるのが、…

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング