保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

放課後等デイサービス

    

放課後、何らかの事情で両親が家に居らず、一人にしておく事に不安がある子供達は、学童保育に預けられる事が多いです。しかし障害がある子供だと、学童保育で上手く同年の子供達に馴染む事が出来ない場合もあります。放課後等デイサービスとは、昼間は特別支援学校などに通っている子供達のための施設になります。障害のある子供を持つ家庭を支援するために作られた施設であり、放課後や長期休暇中に利用出来るため、今後の増加が見込まれています。

放課後等デイサービスの対象児童

こちらの施設は、基本的に6才から18才、つまり小学生から高校生の就学中の児童や生徒を対象としています。場合によっては満20才になるまで施設を利用する事も可能です。

保育士資格や経験が活きる職場

保育士の資格を持っている場合、放課後等デイサービスで働く事が可能です。ただし、年齢が幅広く、障害を持つ子供達を預かるため、送迎業務をはじめ仕事内容は保育園とは少々違います。資格はあるに越したことはありませんが、保育士の資格を持っており、ある程度の実務経験があるならば「児童発達支援管理責任者」を目指してみても良いでしょう。また「指導員」には資格は必要ありませんが、保育士としての資格や経験を活かす事は十分に可能です。

放課後等デイサービスで働くメリットとデメリット

幼稚園・保育園と比べて人数は多くないため、一人一人と向き合う事が出来ます。また年々ニーズが高まっており、将来に向けて様々な経験を積む事が出来るでしょう。

しかし放課後等デイサービス自体、まだ数が多いわけではなく求人も少ないので、働きたいと思ってもなかなか機会に恵まれないと言う事もあります。明確な意思を持って働きたいと考えているならば、求人情報は常にチェックしておきましょう。

こちらのページもおすすめ

no image

家庭保育室

「家庭保育室」や「保育ママ」と言う名称、聞いた事があると言う方も多いのではないでしょうか。これらは、2010年度から児童福祉法上の家庭的保育事業として位置づけられたもので、3才…

no image

小規模保育園

大きな保育園では、保育士が子供一人一人に目を向ける事が出来ないと言う事も少なくありません。一人で何十人と言う子供を保育しなければならないのですから、当然です。そのような事情から…

no image

幼稚園

保育士として働く方の中にも、幼稚園の先生にも憧れていた、もしくは今でも憧れていると言う方は多いはずです。保育士同様に、今も昔も人気の高い職業です。 記事の目次幼稚園で働くには?…

no image

認可保育園

認可保育園とは、各都道府県知事に認可されている保育園の事になります。児童福祉法に基づいて施設の広さや、設備の内容、保育士をはじめとする職員の数など、様々な規定をクリアする事で認…

no image

民間保育園

保育園にも公立の保育園や民間の保育園があります。何となく企業の形態に似ていると思われるかも知れませんが、言ってしまえば保育園も企業が運営している組織の一つなのです。例えば公立の…

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング