保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

小規模保育園

大きな保育園では、保育士が子供一人一人に目を向ける事が出来ないと言う事も少なくありません。一人で何十人と言う子供を保育しなければならないのですから、当然です。そのような事情から、大きな保育園を辞めて、全ての子供としっかり向き合える小規模保育園に転職する事を考える保育士は、実はとても多いです。

そもそも小規模保育とは

小規模保育の定義は、0才から3才未満の子供を対象としており、人数は6人以上、19人以下になります。保育士の数は、子供の人数によりますが、基本的にはA型(分園型)であれば0歳児3人につき保育士1人、1~2歳児であれば6人につき1人。B型(中間型)でも基本的には同じですが、C型(グループ型)は0~2歳児3人につき1人となります。ただしC型の場合は保育士でなくとも、一定の研修を受けた家庭的保育者であればよしとされています。

小規模保育園で働くメリットとデメリット

人数が少ないので、子供一人一人の個性や家庭環境に合わせた保育が出来ると言うのが最大のメリットになります。また2歳児までの子供を対象としているので、そこまで活発に動く事がないため保育しやすいので、体力的にキツイという事もありません。

対してデメリットですが、保育士の人数が少ない分、一人一人に高いレベルのスキルや知識が求められます。またそれに伴い仕事内容への責任やプレッシャーも増してきます。最初から小規模保育園で働いていると、一般的な保育園で自然と身につく引率や行事を運営するためのスキルが身につきにくいと言うデメリットも抱えているので、最初から小規模保育園一本に絞るよりは、様々な経験をした上での選択肢の一つと考えた方が良いでしょう。

こちらのページもおすすめ

no image

家庭保育室

「家庭保育室」や「保育ママ」と言う名称、聞いた事があると言う方も多いのではないでしょうか。これらは、2010年度から児童福祉法上の家庭的保育事業として位置づけられたもので、3才…

no image

民間保育園

保育園にも公立の保育園や民間の保育園があります。何となく企業の形態に似ていると思われるかも知れませんが、言ってしまえば保育園も企業が運営している組織の一つなのです。例えば公立の…

no image

放課後等デイサービス

放課後、何らかの事情で両親が家に居らず、一人にしておく事に不安がある子供達は、学童保育に預けられる事が多いです。しかし障害がある子供だと、学童保育で上手く同年の子供達に馴染む事…

no image

ナーサリールーム

ナーサリールームでは、保育者の人数や質、衛生的であるか、園児一人あたりにどの程度の空間が確保出来るかなど、各自治体独自の基準を設けており、その条件を満たす事で保育業務の委託指定…

no image

ベビーホテル

ホテルと言うと旅先での宿泊施設と言う印象ですが、最近ではベビーホテルと呼ばれる保育施設が増えてきました。夜中も働くお母さんや、急に遠出をしなければいけなくなったけれど赤ちゃんは…

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング