保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

認定こども園

 

近頃よく聞くようになったのが、認定こども園です。詳しくは分からないけど、何となく名前は聞いた事がある、と言う方も多いでしょう。では、具体的にどのようなものなのでしょうか。認定こども園は幾つかのタイプに分けられ、それによって保育士の仕事内容やメリット・デメリットも変わってきますので注意しましょう。

認定こども園のタイプ

幼保連携型

保育園と幼稚園の認可を受けています。各都道府県が就学前の子供の保育・教育・子育てに関する支援を行うための施設として認定した施設になります。両親が共働きでなくとも午前中のうちは幼稚園教育を、午後になると保育所での保育を受けられます。

幼稚園型

長時間保育にも対応しており、預かり保育より期間も時間も拡大しています。基本的には3才から就学前の子供を対象としていますが、認可外の保育施設と連携をして0才から2才の子供を預かる事もあります。ただし利用料は自由に設定して良いとされており、かつ補助金が出ていないため、利用料が上がる事もあります。

保育所型

3才以上の児童に対して幼稚園教育を行い、教育目標を達成するための施設になります。幼稚園型と同様、補助金が出ていないので利用料が上がるかも知れません。

地方裁量型

幼稚園・保育所、そのどちらの認可も持たない、認可外保育施設です。教育目標を達成するよう努め、その土地の需要に応じて様々な施設を作ります。国からの認可を受けている施設ではないため、施設や保育の質の水準は国ではなく各都道府県が基準になります。

認定こども園で働く職員

職員の配置に関しては、各都道府県が条例で基準を定めています。また設備なども一般の幼稚園・保育園とは違う事があります。

こちらのページもおすすめ

no image

ナーサリールーム

ナーサリールームでは、保育者の人数や質、衛生的であるか、園児一人あたりにどの程度の空間が確保出来るかなど、各自治体独自の基準を設けており、その条件を満たす事で保育業務の委託指定…

no image

民間保育園

保育園にも公立の保育園や民間の保育園があります。何となく企業の形態に似ていると思われるかも知れませんが、言ってしまえば保育園も企業が運営している組織の一つなのです。例えば公立の…

no image

放課後等デイサービス

放課後、何らかの事情で両親が家に居らず、一人にしておく事に不安がある子供達は、学童保育に預けられる事が多いです。しかし障害がある子供だと、学童保育で上手く同年の子供達に馴染む事…

no image

母子生活支援施設

両親の離婚や夫の死別など、何らかの事情により配偶者をうしなってしまった女性は、その後の人生で大変な状況に陥る事が多々あります。18才未満の子供を育てている女性の味方となるのが、…

no image

認可保育園

認可保育園とは、各都道府県知事に認可されている保育園の事になります。児童福祉法に基づいて施設の広さや、設備の内容、保育士をはじめとする職員の数など、様々な規定をクリアする事で認…

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング