保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業内保育施設

 

両親が共働きの場合、まだ小さなお子さんを保育園に預けていると言うご家庭は多いでしょう。しかし最近では、育児をしながら働くご両親を応援するため、企業内保育施設(事業所内保育施設)が盛んに取り入れられてきています。それに伴い、保育士の職場選択の幅も広がりました。以前は保育士の勤め先と言うと保育園と言うのが一般的でしたが、最近では各企業が設けている企業内保育施設での求人も多いです。仕事内容やメリット・デメリットを把握していれば、もしかしたら今より良い職場を見付ける事が出来るかも知れません。

企業内保育施設とは

企業内保育施設とは、先述した通り各企業が企業内、或いはその近隣に設置した保育施設の事で、基本的には認可外保育施設と言う扱いになります。多くはその企業に勤めている従業員のための施設として子供を預けるのに利用されていますが、場合によっては地域の児童も預かっている事があります。企業内に保育施設がある事で、お子さんを生んだばかりのお母さんでもすぐに復職する事が出来ると言うメリットがあり、育児と仕事の両立に役立っています。

企業内保育施設の保育士求人

企業内保育施設で保育士として働く場合、その勤務形態は主に3つに分けられます。正社員・契約社員・非常勤です。実働時間や休日は、その企業に合わせた形になるため、実働8時間程度の場合が多いです。

最近では保育士専用の求人サイトも多くあり、企業内に設置された保育所の求人を沢山見付ける事が出来るでしょう。勤務形態や勤務時間、給与、ボーナスの有無などは企業によって大きく変わってきますので、自分がどのような条件で働きたいのかをよく考えて応募するようにしましょう。

こちらのページもおすすめ

no image

家庭保育室

「家庭保育室」や「保育ママ」と言う名称、聞いた事があると言う方も多いのではないでしょうか。これらは、2010年度から児童福祉法上の家庭的保育事業として位置づけられたもので、3才…

no image

公立保育園

学校に公立と私立があるように、保育園にも公立と私立があります。公立保育園と私立保育園の違いは、運営している団体になります。例えば公立の保育園は、公立と言う言葉からも分かる通り、…

no image

病児保育施設

普段は保育園に預けているけれど、子供が病気にかかってしまい保育園に預ける事が出来なくなってしまった。そんな時、ご両親のどちらかがお家に居るならば家で看病をしてあげれば良いですが…

no image

病院内保育施設

自社や近隣に保育施設を設け、従業員が仕事と家庭を両立出来るようサポートを行っている企業が増えてきました。最近では、同様の施設が病院でも取り入れられています。男性も増えてきたとは…

no image

ナーサリールーム

ナーサリールームでは、保育者の人数や質、衛生的であるか、園児一人あたりにどの程度の空間が確保出来るかなど、各自治体独自の基準を設けており、その条件を満たす事で保育業務の委託指定…

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング